ゆにここさんでのオンライン短歌講座「推しと短歌」について②

第1回、ありがとうございました!

9月16日にゆにここ(株式会社Unicoco)さんで、「推しと短歌」講義第1回を行いました! 簡単な内容は以下の通りです。

第1回 9月16日(木)19:00~20:30
「短歌・二次創作講義――推しに出会う三十一文字」
短歌の作り方・読み方を説明する回です。短歌で二次創作(原作があり、そこからイメージを受けて新しい物語を作るもの)する上で、気を付けることやポイントについてもお話しました。

講義の補足・短歌の解説・短歌と書籍紹介を書いた**〈付録〉**(4600字ほど)も受講者の方々に配布させていただきました。その中の文章に関して、追加のお知らせを送らせていただく予定です。ご確認いただきますようお願いいたします。

〈付録〉も含め、疑問点がありましたら受講者の方々専用のディスコードでいつでも訊いてくださいね! 一時予想以上のご購入をいただき、受付終了状態で申し訳ありませんでした。たくさんのご参加、ありがとうございました。

第2回の講義について

第2回 9月30日(木)19:00~20:30
「連作講義――最強のデッキを組み上げろ!」
連作(歌の集まり)についての講義です。「歌はカード、連作はデッキ」という考えのもと、好きなデッキの組み方を考えていきましょう。歌数・発表先なども考慮しながら、一首一首が活きる順序を見つけていきます。
多作多捨の大切さを示すため、「尾形百之助(ゴールデンカムイ)連作」(約70首)を公開し、連作を作る上での考え方を解説していきます。
【宿題:5首連作。既発表、他者の歌を入れてOK(その場合、出典を明記)】

連作講義です! 

「連作」にすることによって何が可能になるのか?

**「歌はカード、連作はデッキ」**という持論のもと、一首一首を「ただ並べる」だけではない面白さ・難しさを知っていただきたいです。連作は一首ずつの作り方以上に個性が出ますので、榊原個人のやり方のお話が多くなりました。

パワーポイントに登場する作者の方々の一覧です(登場順・敬称略)。

松野志保、飯田有子、佐藤弓生、笹谷潤子、安田茜、堂園昌彦、宇都宮敦

連作連作を連作を作るにはたくさんの歌が必要になります。多作多捨、これがとても大切なことです。そのため、僕が**「尾形百之助」(野田サトル「ゴールデンカムイ」の登場人物)のことを考えて作った短歌約70首**(数えたら64首で「約60首」だったため、新しく4首作りました)を公開し、そこから歌を捨てて並べ替え、20首弱の「連作」にする流れをご覧いただこうと思います。これがメインですね。

**「血界戦線」の連作(榊原紘)、「鋼の錬金術師」**の連作(松野志保)についても話をします。短歌ってよくわからないな、自分で作ったこともないな、という方にも「連作」に親しみを持てる構成にしました!

また、ゆにここさんでは川野芽生さんが連作コースを始められます。5 ~12首の連作を作って推敲し、また作る……とても活気のあるコースになりそうです! 僕のコースは宿題で5首連作を提出していただきますが、短歌未経験の方もたくさんいらっしゃるので、他の方の歌を入れてみてもよい、としています。好きだな、いいなと思う歌を連作として組む経験をまずはしていただこうと思っています。

〈付録〉について

講義では分かりやすい話を優先させることにし、技術面の詳しいお話は〈付録〉に移動させました。〈付録〉に登場する作者の方々の一覧です(登場順・敬称略)。

笠木拓、坂井ユリ、石川美南、鈴木ちはね、そのべせい、藪内亮輔

〈付録〉では他の方の連作の構成やテーマ、技法を解説しています。連作を全て載せると量がものすごいことになるので、歌を抜粋する形になりました。また、今後連作を作ってみたいという方に向けて、短歌の新人賞についても書いています。

通しチケット(1~4回、2~4回)をたいへんご好評いただいたのですが、人数の関係で現在は締め切らせていただいています。

価格は以下の通りです。

第2回 ¥3,000
※コンビニ / ATM でのお支払いは、2021/09/29 で締め切られます。

こちらからご購入いただけます。講義は全て1ヶ月のアーカイブがついています。また、マイクやカメラを基本的にオフにしてご参加いただきますし、お名前も好きなものに設定できますのでプライバシーの面はご心配なさらず。何かあればスタッフの方々に相談してください!

講義でお会いできるのを楽しみにしております!