立ちながら靴を履くときやや泳ぐその手のいっときの岸となる
『悪友』